稼げるキャバクラ嬢はメールがお上手?

電話とメール

キャバクラ嬢の営業は主にメールで行います。

電話は相手の都合がありますので出てもらえるとは限らず、かける時間にも 気を使うことになります。 ですがメールなら基本的にいつでも送信できますので、営業メールはキャバ嬢の 便利ツールになります。 空いた時間を使ってお客さんとの関係をキープしやすいメールは、 とても便利な営業ツールなのです。 メアドを聞き出したら次回の指名に繋げるために連絡を取り合うのですが、 「今日お店に来て」と露骨に営業をかけるのはよくありません。 ガツガツせずに余裕を見せて、営業とは思わせないメールを心がけましょう。 気が向いたら顔を見せてね、程度にしてお客さん本位で相手の都合に任せるような 内容にするのがテクニックです。 内容はしつこくしないようにしますが、それでも1日1回は営業メールを 送るようにします。 忘れられないように、指名を取るために営業メールは欠かせませんので、 お客さん1人につき最低でも1日1回は必ずメールをします。 これは指名客だけでなく、アドレスを教えてもらったお客さん全員にです。 お店で話した話題に絡めたメールをそれぞれに送れればベストですし、 お客さんにも喜んでもらえるでしょう。 毎日凝った内容の文面を考えるのは大変ですが、相手の気分を良くするには、 楽しい・嬉しいといった単語を入れるもがコツです。 他の人に送るメールの内容をちょこっとアレンジして送るのもありですが、 名前の間違いにだけは気を付けましょう。 そしてメールは来店に繋げるものですので、短めが鉄則です。 メールラリーもあまり続けず、続きは店で、といった流れに持っていきましょう。